ハイグレードオーディオアンプの設計・製作へのお誘い



ファイ

ハイグレードオーディオを自作SFBアンプで実現しませんか?

 

 ホームシアターの音響を改善したい方

 ハイグレードオーディオアンプに関心をお持ちの方

 トランジスタによるアナログ回路設計技術を学習したい方

 トランジスタによるハイグレードアンプの設計・製作が難しいと思っている方

 真空管での自作ファンの方

 金田式アンプのファンの方

 製作マニアの方も、一度、基本技術を見直してみませんか


 お持ちのアンプは、スピーカの音質を100%引き出しているとお考えですか?

 

 ご紹介するSFB(Stabilized Feed Back)アンプは、スピーカの本質を引き出すパワーアンプです。

 一聴は百見にしかず。

 しかし、残念ながら、このアンプは市販されていず、手に入りません。

 この音を楽しむには、自作するしかない、自作派だけの特権なのです。

 

  トランジスタ回路を設計して電子工作を始めてみたい方は是非、目からウロコのパワーアンプ(SFBアンプ)を設計することにより、トランジスタの特徴を知り、電子回路の基礎理論を学び、すばらしい自作オーディオをお楽しみ下さい。

 

学習教材の概要

 

 

 ハイグレードアンプの音質は、複雑怪奇な電子回路によってのみ実現できる訳ではありません。また、出力が大きなことが良い音を保証するものでもありません。昔、名機と呼ばれたアンプの電子回路は非常にシンプルでした。

 

 パーツ性能が上がっているのですから、シンプルな電子回路に帰りましょう。

 シンプルにすれば、設計の原理が分かり、製作も容易になります。

 

  幻想にすぎないAC電源ラインへのこだわり、

 先日も、天下のTBSテレビで、マイ電柱・マイトランスを設置したオーディオ馬鹿を恥ずかしげも無く放映していました。電気信号経路のプロの話を交えれば馬鹿げた妄想であり、誤った事実として放送できるでしょうに。放送局も、自慢げな当事者も、哀れそのものです。(平成28年12月吉日追記)

 

 DCアンプ、A級アンプへのこだわりは、悲壮でさえあります。これらは、この分野の雑誌、担当者がソリッドステートオーディオの理念を歪めた結果だと思います。

 ★嘘か真か巷の噂

  

 中学、高校時代、誰も教えてくれなかった設計方法、製作ノウハウ、原理。
 音は空気の振動であり、マイクロフォンで電流振動に変え、アンプで増幅し、スピーカで空気振動に戻す。
 電流はマイナス電荷を持った粒子である電子の流れであり、アンプはこの電流変化を拡大するものなのです。 この電子の動きを取り扱う理論が、クーロンやオーム、キルヒホッフなどの法則であり、振動を取り扱う物理学や難解だった三角関数などの数学なのですが、受験のための学習で、美しさや本質が十分理解できないままなのは残念なことです。
 教材では、基礎知識として取りまとめていますので、是非、学習にお役立て下さい。
 なお、振動や波動を理解する上で、円上を回る物体の運動を簡潔に表現できるオイラーの公式の素晴らしさを「連続と不連続は連続か」に示していますので、是非、ご一読下さい。
   

 


 ・・・数十万円のアンプに勝るオリジナルアンプを安価に自作できる楽しみ。しかし、デジタル化、IC化が進み、作成記事を掲載する雑誌も廃れました。

 その上、巷には、間違った情報があふれています。 ★嘘か真か巷の噂

  トランジスタによるオーディオアンプの回路設計・製作技術を教える教室や教本がほとんどないことを知り、 電力増幅SFBアンプ(安定帰還アンプ)を材料に、電子回路設計・製作技術の学習用資料(PDF)を作成、販売を開始しました。


 良いアンプとは何か、方式屋の目から、原点に立ち返って、基礎的理論の学習から製作まで、幅広く支援します。

tengai_image22.jpg

 資料(PDF)販売の概要はこちらから。

 資料購入申し込み はこちらから。


SFB:stabilized FeedBack

 良い音はほとんどスピーカと音場環境で決まります。低音は大口径ウハーで無理なく響かせる。大型フロア型から小型スピーカまで、余裕を持って駆動できるオリジナルアンプを自作して、スピーカや音場の違い、入力ソースの違いを十分堪能して下さい。

 製作に必要な部品は、お近くに電子部品の販売店がなければ、インターネットで入手可です。

 ケースも自作し、オリジナルなものにして下さい。

 プリント基板を作成する方法をご紹介することも可能ですが、ユニバーサル基板を使うほうが簡単です。

 高価なパーツで贅沢に作るもよし、電源トランスなどリサイクルショップのジャンク品を活用するもよし。

壊れたアンプをSFBアンプに再製

 

半田ごてとテスター、ドリルとドライバーがあれば誰でも楽しめる時代、オシロスコープが無くても、耳が変わりになります。

 ★復活、レコード鑑賞

ご意見、お問い合わせはこちらから。

資料(PDF)販売の概要   資料購入の申込み

平成22年7月吉日

先頭へ

アイデアの権利化支援  

 研究所生活 での情報処理技術の特許出願書類の作成や、プロジェクトマネジメント支援での特許関係業務の研究、特許過去技術の調査、自作オーディオアンプの実用新案登録などの経験から、アイデアの権利化のお手伝いをします。

 弁理士資格は取得していませんので、出願自体はご自身で行っていただくことになりますが、おざなりで高額な特許事務所よりも、質の高い権利化ができると自負しています。アイデアの権利化の可能性判断、調査もお手伝いしますので、下記からご相談下さい。

お問い合わせ

 社会保障制度の裏側

 事業支援サービス

 月に吼える

更新履歴・お知らせ



 情報知能サービスの


お気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから      先頭に戻る